ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の原作は?キャストは誰?あらすじや主題歌やロケ地グッズまとめ

WOWOWドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の放送が決定し、朝ドラで人気の女優が主演を務めることもあり、ドラマファンの間で大きな話題となっています。

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の主演やキャストの他にも、元ネタになった原作や、あらすじ・ストーリー、主題歌、ロケ地などが気になっている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、本作ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のキャストやあらすじ・ストーリー、原作、主題歌、ロケ地についてまとめていきます。

・ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の放送スタート日
・ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の原作
・ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のあらすじ
・ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の主題歌
・ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のロケ地
・ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のキャスト

\今ならU-NEXT無料登録で 600円分のポイントプレゼント/
※無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません

ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の放送スタート日は?

WOWOWドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の放送スタート日は、

2023年11月17日(金)夜23時00分~スタートで、毎週金曜日の放送となります!

WOWOWでの放送となりますので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

放送日時については分かったけど、

このドラマの原作はあるの?

と気になっている人も多いと思うので、以下で紹介します。

ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の原作は?

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』は、

中村淳彦さんの書籍作品「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか」が原作になっています。

原作書籍「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか」は、東洋経済オンラインで1億5千万PVを突破した連載を書籍化したもので、貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを個人の物語として取材し続けたノンフィクション書籍です。

原著:中村淳彦

原作とその書籍化作品「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか」を手掛けた中村淳彦さんは、1972年生まれの東京都目黒区出身で、ノンフィクション作家として活躍している方です。

1998年の大学卒業と同時にフリーライターとして活動、2006年にこれまでのアダルト雑誌の執筆経験もあり、AVメーカー「あけぼの映像」を起業し、2008年から高齢者デイサービスセンター(2014年廃業)を運営し、現在では貧困や介護、風俗、超高齢社会などをテーマにノンフィクション作品を執筆しています。

中村さんは、これまでにいくつもの作品を手掛けていて、2016年には東洋経済オンラインMVP賞を受賞、そして2017年に東洋経済オンラインルポルタージュ賞を受賞と、非常に華やかな経歴も持っています。

中村さんが手掛けた作品を、一部以下に紹介しておきます。

  • 『日本の貧困女子 衰退途上にあるこの国のリアル』ソフトバンク新書 2019年11月6日
  • 『新型コロナと貧困女子』宝島社新書 2020年6月25日 ISBN978-4-299-00630-1
  • 『親が倒れた!身内が亡くなったときの手続きとお金』メディアックス 2020年12月16日
  • 『女子大生風俗嬢〜性とコロナ貧困の告白』宝島社新書 2021年5月10日
  • 『悪魔の傾聴~会話の人間関係も思いのままに操る』飛鳥新社 2022年9月24日
  • 『歌舞伎町と貧困女子』宝島社新書 2022年12月9日
  • 『同人AV女優~貧困女子とアダルト格差』祥伝社新書 2023年3月1日
  • 『ずるい傾聴術~人間関係が好転してトクする33のルール』かや書房 2023年8月4日
  • 『中年婚活~50歳年収450万円からの結婚に必要な30の法則』大洋図書 2023年3月1日

大人気連載が書籍、そして漫画へ

原作となった「東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-」は、初期連載から書籍へ、そして漫画「東京貧困女子。」としても出版されていて、読者やファンから圧倒的な支持を受けているのが分かります。

漫画「東京貧困女子。」は、原著:中村淳彦さん、漫画を手掛けたのは小田原愛さんです!

漫画:小田原愛

原作をもとにした漫画「東京貧困女子。」の漫画を担当した小田原愛さんは、日本の漫画家として活躍している方です。

2014年に、漫画アプリ「comico」にて「忍獣カノン」を初連載し、マンガ投稿サービス「ジャンプルーキー!」に参加、そして2016年「少年ジャンプ+」で「魔喰のリース」の連載、2018年にも同媒体で「LAND LOCK」を連載と多くの作品を手掛けています。
  • 忍獣カノン
  • 魔喰のリース
  • LAND LOCK
  • 中学校狂師 ~カラス女は許さない~

このように人気を集め様々な媒体として出版されている「東京貧困女子。」ですが、今回のドラマ化でどのような作品となるのか非常に楽しみですね♪

¥715 (2024/05/10 18:33時点 | 楽天市場調べ)

ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』はどこで観れるの?

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』はWOWOWドラマなので、以下WOWOW公式から観ることができます!

  • WOWOW

現在WOWOWでは無料期間があるため、『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の視聴の他にもWOWOW作品を観たいという人は、今登録するとお得になります。

ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の概要

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』は、東洋経済オンラインで1億5000万PVを突破した人気連載を書籍化した「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか」(東洋経済新報社)を連続ドラマ化したもので、経済誌の契約編集者であるヒロインが貧困女性たちを取材しながら、社会の矛盾や問題点を浮き彫りにする姿をフィクションとして描いたドラマです。

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のあらすじ・ストーリー

シングルマザーの雁矢摩子(趣里)は、離婚を機に経済誌の契約編集者に復職し、“女性の貧困”をテーマにした連載を担当。だが、紹介されたフリーライター﨑田祐二(三浦貴大)の取材態度にいらだち、衝突してしまう。
そんな中、国立大学医学部に通うため風俗で働く広田優花(田辺桃子)へのインタビュー記事が炎上。摩子は祐二の反対を押し切り謝罪と記事の削除を優花に申し出るが、本人からの思わぬ言葉に自身の浅はかさと偏見を痛感する。そしてライターとしての祐二の覚悟を感じた摩子は、肉親の介護、親からの性的虐待、パワハラ・モラハラ被害、再雇用の実情、戸籍と就学の問題など、生きることに困難を抱える当事者への取材を重ねていく。それは同時に、不安定雇用のもと子育てに奮闘する摩子自身も、“貧困”が他人事ではないという自覚につながり……。

出典:ドラマ「東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-」公式サイト

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の主題歌

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の主題歌については、詳しい情報は明らかとなっていませんが、今後公式SNSや公式サイトにて配信される可能性もあります。

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』ロケ地・撮影場所

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のロケ地・撮影場所についても、現段階ではロケ地・撮影場所についての詳細情報は明らかとなっていませんが、SNSにて最新情報などの投稿がされています。

今後も引き続き、公式SNSでロケ地や撮影場所の投稿がされる可能性もありますので、要チェックです♪

ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-のキャスト

『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』のキャスト陣を紹介します!

  • 雁矢摩子:趣里

  • 﨑田祐二:三浦貴大

  • 宮下菜穂子:高橋ひとみ

  • 望月遼太郎:淵上泰史

  • 川上典子:霧島れいか

  • 三井恵子:宮澤エマ

  • 広田優花:田辺桃子

  • 村上葵:東風万智子

  • 石岡・バウティスタ・リサ:安斉星来

  • 赤城凪:高田夏帆

  • 久保田萌音:金澤美穂

  • 新城ゆり:樋井明日香

  • 小柳茉莉子:柿丸美智恵

  • 浦沢圭輔:三浦獠太

  • 篠崎綾乃:梅舟惟永

  • 久保田秀夫:川島潤哉

ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の原作は?あらすじやキャストや主題歌やロケ地まとめ!

本記事では、『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の原作やあらすじ、キャスト、主題歌、ロケ地などについて紹介しました!

「東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-」は、非常に人気のある書籍が原作であることが分かりましたね♪

今後も注目が集まりそうです♪

\今なら無料登録で600円分のポイントプレゼント/
今すぐ無料でドラマを1話から見る
※無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません